WordPress

WordPressのfunctions.php編集には「Code Snippets」が安心安全!カスタマイズ初心者にも優しいプラグイン

更新日:

WordPressを使っているとテーマのカスタマイズもしたくなる。そんなとき一度は出てくる言葉「functions.php

カスタマイズ記事にはよく「functions.phpにコードをコピペで貼り付けてください」などと説明があるが初心者のかたや詳しくないひとにとっては簡単に理解できなく難しい。

functions.phpとはWordPressテーマの関数を定義しているもので非常に重要なコードが書いてあります。直接的にコードを追加していて、一歩間違えるとWordPressの表示がおかしくなったり全てが消えてしまう恐れがあるので詳しくない人は触らないのが一番。

でも、そんな不安を解消できる「Code Snippets」というfunctions.phpのPHPコードを管理できるプラグインがあります。

Code Snippets

直接、functions.phpにコードを追加するのではなく、プラグインからコードを追加することができるので安全なプラグイン。スイッチでON・OFFも自由に簡単できるので便利。

Code Snippetsの使い方は簡単

Code Snippetsプラグインをダウンロードして有効にするとWordPress管理画面のメニューナビに【Snippets】という項目が表示されます。

右に表示されているスイッチ付きの「JavaScriptを非同期」などが私が現在functions.phpに追加している内容。

使い方はとても簡単で、矢印の【Add New】を選択。

①の部分には、私のさきほどの「JavaScriptを非同期」等の見出しタイトルになるので自分で分かりやすいタイトルを書きます。

②の部分に、functions.phpへ追加したいコードをそのままコピペまたは書きます。

私の例として、このような感じです。

コードなどを書き終えたら、デフォルトで③に選択されていますがこのままで大丈夫。

最後に④で【Save Changes and Activate】をクリックして完了です。

直接触ることなく追加できるのでWordPressテーマのカスタマイズ等には大変便利で安心できるプラグインです。

 

Code Snippets ダウンロード

「Code Snippets」のプラグインをダウンロードするには二通りの方法があります。

キーワード検索からダウンロード

WordPress管理画面のプラグイン新規追加からキーワードに【Code Snippets】と入力。画像のプラグインをダウンロードしてください。

Zip形式で直接ダウンロード

Code Snippets

上記リンクよりZip形式でダウンロード可能。WordPress管理画面のプラグイン新規追加からプラグインをアップロードしてください。

以上、WordPressのfunctions.php編集には「Code Snippets」が安心安全!カスタマイズ初心者にも優しいプラグインでした。

ps.このWordPressプラグインもかなりお洒落で使えます!2枚の画像を比較するときなどに便利!

WordPressで2枚の画像を比較!スライド表示させるプラグインはお洒落でカッコいい

Copyright© KOBONNOU , 2019 All Rights Reserved.